ドラスマは最新ED治療薬!

ドラスマの副作用・注意点。服用方法についてご紹介

ドラスマの副作用・注意点・服用方法

ドラスマの副作用・注意点・服用方法

次世代のED治療薬であるドラスマは、副作用が少ないため服用されやすいED治療薬ですが、全く副作用が起こらないわけではありません。

医薬品である以上、副作用が起こる可能性もありますので、副作用の症状や服用時の注意点などをしっかりと把握する必要があります。

体質や飲み合わせによっては副作用が出やすくなる可能性もありますし、正しい服用方法を守らなくても副作用が重く出る場合もありますが、逆に正しく服用し、飲み合わせにも気を付ける事でより副作用が起こりにくく、効果が最大限に発揮されます。

効果ばかりを見るのではなく、副作用の症状や服用の際の注意点を把握し、正しい服用方法を守ってより安全に使用しましょう。

ドラスマの副作用

ドラスマの副作用は三大ED治療薬にも共通した副作用ですが、頭痛や顔のほてり、目の充血などが上げられます。

これらのED治療薬は作用も共通して、勃起を抑制する働きのあるPDE-5を抑制する働きによって血管を拡張させて勃起へと繋がりますが、頭痛や顔のほてりなどは血管が拡張されることで起こる症状で、軽い症状であれば効果が現れたサインともなりますが、長く続くようであれば専門の医師へ受診することをお勧めします。

主な副作用

ドラスマの主な副作用は、ED治療薬に共通した顔のほてりや頭痛、鼻づまり、目の充血などが上げられます。

これは、ED治療薬の血管を拡張させる働きによって起こるもので、血流が強くなる事で顔のほてり等の症状、血圧が下がることで頭痛等の症状が現れますが、このような軽い症状の場合がほとんどです。

ドラスマの効果が作用したサインともなりますが、効果が切れても副作用が続くようであれば、専門の医師へ相談する事をお勧めします。

特異な症状

ほとんどが軽い症状の副作用ですが稀に、視覚異常等の症状が現れる可能性があります。

青と緑の違いが分からなくなるといった症状ですが、基本的に薬が切れる頃には視覚異常の症状も治まります。

急激に視力が低下する場合は、非動脈炎性前部虚血性神経症という、視神経細胞が血液不足によって機能不全を起こしている可能性があります。

また、4時間以上勃起が収まらないといった持続勃起症の症状が出る可能性もありますので、このような症状が出た場合はすぐに専門の医師に相談しましょう。

ドラスマの注意点

ドラスマには副作用の症状以外にも服用の際に注意する点があります。

血管を拡張させて血流をよくする作用がありますので勃起にも繋がりますが、場合によっては血圧が下がりすぎてしまう可能性もあります。

元々低血圧の方は特に注意が必要ですし、血圧は変動しやすく体調によっても変わりますので服用の際は注意が必要です。

また、体質や体調だけでなく、ドラスマと一緒に服用する薬や食べ物などでも影響する可能性があります。

ステンドラのジェネリック薬に限らず多くのジェネリック薬が低めの価格となってます。

併用注意

ドラスマは、血管を拡張させる事で血行をよくする働きがありますので、血圧を下げる薬の併用には注意が必要ですが、薬だけではなく、グレープフルーツなどの柑橘類にも注意が必要です。

ミカンやレモンなどは特に注意する必要はありませんが、グレープフルーツやライムに含まれる成分によって薬の代謝が悪くなり効果を極端に強くする可能性があります。

一見よく聞こえますが、血圧が極端に変動すると思いがけない副作用を起こしかねませんので注意しましょう。

ドラスマの服用方法

ドラスマはこれまでの三大ED治療薬の中で最も食事の影響を受けにくいとされていますが、全く受けないというわけではないので、食前に服用することでより効果が発揮されます。初めて服用する場合には副作用や効果の出方が分からない為、50mgから服用することが推奨されています。

1日に服用できる最大の成分量は200mgまでとなっていて、持続性は3時間から6時間程ですが、1度服用したら24時間空ける必要があります。

オススメの服用方法

三大ED治療薬に比べて食事の影響を受けにくいといわれていますが、残念ながら全く受けないというわけではありませんので、食事の30分ほど前に服用する事をお勧めします。

ドラスマの成分がより体内に吸収されやすくなりますので効果が最大に発揮されます。

食事の直後ですとドラスマの成分の吸収を妨げてしまう可能性がありますので、どうしても食べる必要がある場合は、食後2時間ほど経ってから服用するようにしましょう。

しかし、牛乳などの乳成分は胃に膜を張り成分が吸収されにくくなる為、効果を発揮しにくくなります。

その為、服用を避けるか、乳製品を服用した直後は、食事と同様に2時間ほど経ってから服用する事をお勧めします。

ドラスマを服用できない人

ドラスマには強い効果がある為、服用してはいけない方がいます。

まず、ドラスマに配合されている添加物にアレルギーがある方はアレルギー反応を起こしていますので服用が禁止されています。

また、狭心症や不整脈の薬である硝酸剤や一酸化窒素供与剤を服用している方は、ドラスマと併用できません。

血圧が過度に低下してしまい、最悪の場合失神などし、死亡事故に繋がる可能性があります。

血圧に影響があることから、低血圧の方や高血圧で薬を服用している方、半年以内に心筋梗塞や脳梗塞などを起こしたことがある方も危険ですので服用できません。

非常に稀な副作用のひとつに視覚異常を起こす可能性があることから、網膜色質変症状の方は悪化させる可能性があり、服用が禁止されています。

まとめ

副作用が少なく、副作用を起こしても症状が軽いことがほとんどのドラスマですが、体質や持病などによっては服用を禁止されている場合もあります。

血圧に関することがほとんどで、普通に生活していても変動しやすいとはいえ、あまりにも急激に変動してしまうと失神し、死亡事故にも繋がります。

薬などを服用していなくても、特に血圧が安定していない方や低血圧の方は服用に注意が必要です。

このような副作用のリスクを十分に理解し、自身の体質や体調などを見ながら服用しましょう。

また、誤った服用方法をするとせっかくの効果が半減したり、副作用が起こる可能性が高まったりします。

正しく服用すれば副作用が少なく即効性のある効果を十分に感じる事が出来るでしょう。