ドラスマは最新ED治療薬!

ドラスマはジェネリックです。気になる値段をご紹介

ドラスマはジェネリックだから値段が安い

ドラスマはジェネリックだから値段が安い

ドラスマは、100mg4錠が2,000円程と、とてもお買い求め安い価格となっています。

次世代のED治療薬と言われるほど新しい薬であるステンドラのジェネリック薬のため安くなっておりますが、日本では販売が許可されていない為、個人輸入代行サイトを利用して購入する形となります。

もし日本でED治療薬を購入しようとすると、ジェネリック薬ではなく先発薬である、三大ED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスです。

また処方薬となる為ドラッグストアなどには販売されておらず、シンプルに薬のみを購入する事ができませんし、病院で診察を受ける必要がありますが、保険適用外となりますのでどうしても価格は上がってしまいます。

ED治療薬の相場

日本でED治療薬を購入しようとした場合、病院から処方してもらう他ありません。

病院で処方されるという事は診察する必要がありますので専門の医師から詳しく説明が聞けますし、何か服用し続けている薬がある場合にも併用していい薬なのか確認できる為、安心して飲み始められます。

しかし、ジェネリック薬はまだ日本での販売が許可がされていない為、先発薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類となります。

長い歴史を持つバイアグラは病院にもよりますが、25mg、50mg、100mgと販売されていて50mg1錠当たり1,500円ほどで販売されています。

レビトラですと、10mgと20mgで1錠当たり1,500円から1,800円ほど、シアリスは長時間効くからか少し高く設定している病院もあり、1,800円から3,000円ほどの価格で処方されています。

薬の価格プラス診察料が掛かりますので、薬だけで安くても4錠6,000円とジェネリック薬の3倍以上の価格となります。

国内でED治療薬は保険がきかない

病院での処方は専門の医師の説明が聞けるため、とても安心して利用できますが、日本ではED治療の為の診察は保険適用外となります。

EDが命に関わるものではないという事と、ED治療薬を必要としない人が使用する場合は保険財政がパンクしかねないという事など、他にも様々な問題が生じる恐れがあるという事から日本では保険適用外となっていると言われています。

保険適用外ですと、薬の種類や容量によって値段は多少変わりますが1錠1,500円から3,000円程の治療薬と、診察代も病院によって変動はありますが、診察代が掛かる病院がほとんどで初診だとおよそ2,800円ほど掛かります。

決して安くはありませんので安心感はあるとはいえ厳しいのが現状です。

個人輸入の値段は安い

効果や服用方法など分かっているのであれば、海外から個人輸入することをお勧めします。

個人輸入を代行で行っているサイトを利用すればネットショッピングの様に簡単に購入できますし、海外ではED治療薬のジェネリック薬も多く販売されていますので、とにかく安く購入する事が出来ます。

ED治療薬の先発薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラの販売もあり、病院で処方される価格よりも安く購入できますが、ジェネリック薬には様々な種類が販売されていて、1錠当たり400円程とより安く販売されています。

有効成分は同じですので同等の効果が期待できますし、診察なども必要なく、自宅から購入できるのも魅力のひとつです。

新進気鋭のスマート社

ED治療薬のジェネリック薬は多く製造され、販売されていますが、その中でもドラスマを扱っているスマート社のジェネリック薬は特に安く販売されています。

スマート社は、2013年に創業されたとても新しいインドの製薬会社で日本人が働いていることもあって、日本人にわかりやすいパッケージやネーミングがされています。

扱ってる医薬品は全てジェネリック薬で、比較的価格の低い商品が多く揃っています。

ドラスマは成分量100mgが4錠1,800円程で販売されていますが、別の製薬会社が作ったアバナというジェネリック薬は同じ100mgの成分量で4錠2,400円程となっています。

ステンドラのジェネリック薬に限らず多くのジェネリック薬が低めの価格となってます。

値段は安くても効果は同じ

先発薬に比べて価格の安いジェネリックでも、価格の差があると不安に思う事もあるでしょう。

しかし、ステンドラのジェネリック薬であれば有効成分は同じアバナフィルを使用していますので、効果は同じです。

また、ジェネリック薬が安い理由として先発薬と比べて開発費がかかってないという点もありますが、先発薬と同じ効果であるという確認や、副作用の出方の違いがあるのか等の安全面においても新薬を開発するほどの労力はかからなくても、ジェネリック薬もしっかりと開発されています。

有効成分の種類や量、また用法・容量、効果などは変えてはいけないと定められていますので、錠剤の色や形が違ったりすることがあっても、効果は同じですので価格が低くても安心して服用できます。

まとめ

ジェネリック薬は値段が安いので、効果が無いのではないかと不安に思う方もいますが、有効成分は同じなので安心して服用できます。

先発薬と比べて開発費がかかっていない分安くすることができるので、先発薬と効果は同じです。

日本でED治療薬を購入しようとすると病院での処方となる為診察料もかかりますし、ED治療は例外無しに保険適用外となります。

処方されるED治療薬はほとんどの場合先発薬となる為、ジェネリック薬と比べると薬代も3倍近く変わります。

個人輸入であれば診察料もかかりませんし、海外製のジェネリック薬も多く販売されていますので、同じ有効成分を使用した同じ効果のジェネリック薬を安く購入する事が出来ます。