ドラスマは最新ED治療薬!

ドラスマは最新のED治療薬

ドラスマは最新のED治療薬

ドラスマは最新のED治療薬

ED治療薬というとバイアグラという程知名度の高いED治療薬ですが、今でも多くの人に愛用されています。

バイアグラの後にも様々なデメリットを改善したレビトラが開発・販売され、続いてシアリスが販売されました。

これら3つは三大ED治療薬と言われるほど浸透していましたが、新たにステンドラという最新のED治療薬が開発・販売されました。

ドラスマは、ステンドラのジェネリック医薬品で、効果としては三大ED治療薬と同様に、勃起を抑制する働きであるPDE-5を阻害する事で勃起へと繋がるという作用ですが、三大ED治療薬のデメリットである副作用や食事の影響を極力無くし、メリットである即効性やパワーを兼ね備えた次世代のED治療薬と言われるほど画期的と世界から注目されています。

ED治療薬とは

ED治療薬というのは、日本で処方されているのは三大ED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つです。

最新のED治療薬であるステンドラは日本では処方されていませんが、同じ作用・効果のあるED治療薬です。

ED治療薬というのは作用の仕方からも分かるように、勃起を抑える働きをするPDE-5を阻害することで勃起に繋がるという物です。

また、血管を拡張する作用もありますので、性器に血液が集まりやすくなることで勃起へと繋がります。

なので、服用しただけで勃起するというわけではありませんので、性的刺激を受けてもなかなか勃起しないという方や、勃起をしても持続しない方、十分な勃起を得られなくなった方などに服用される治療薬となります。

第4の治療薬

ドラスマの先発薬であるステンドラは第四の治療薬と言われています。

第一の治療薬が、世界で初めて開発・販売されたバイアグラです。

一番知名度が高い事からED治療薬といえばバイアグラという方も多いでしょう。

第二の治療薬が、バイアグラのデメリットであった食事の影響を削減したレビトラです。

即効性が高く30分ほどで作用する事でも人気の治療薬です。

第三の治療薬が、作用時間がとても長く脅威の36時間作用するシアリスです。

週末の間持つということからウィークエンドピルと呼ばれていて、世界中でシェア率No.1になったほど人気の治療薬です。

そして、第四の治療薬がステンドラで、これまでの治療薬のデメリットを極力無くし、メリットを残した次世代のED治療薬です。

EDとは

EDとは勃起不全の事で、完全に勃起しない事だけを言うのではなく、性行為の際になかなか勃起しなかったり、勃起しても持続しなかったりする場合にも当てはまります。

満足の性行為が出来ない状態のことを言い、男性なら誰でも起こりうる病気です。

その原因は様々で、加齢が原因とも言い切れません。加齢も関係してきますが原因は大きく3つに分けられます。

また、ストレスなどから来る精神的なものや、病気などがが原因で起こる場合もあります。

EDの原因

EDの原因で多いのがストレスなどから来る心因性EDといわれるものです。

仕事等のストレスや、不妊治療などでやらなければならないというプレッシャーなど、疲労や焦りなども十分EDの原因となります。

また過去のトラウマなど深い部分に原因がある場合もあります。

次に、器質性EDと言われるもので、生活習慣病などが原因で血管や神経に障害を起こしてしまう事で起きるEDです。

これは加齢にも当てはまるもので、勃起には血液がとても重要となりますが、生活習慣病や加齢によって血液を運ぶ血管が固くなって十分な血液が流れ込まなくなり勃起に影響が出るというものです。

また、病気の種類によっては神経にも影響が出ますので、脳からの信号が伝わらずEDとなる事もあります。

EDの症状

全く勃起しない場合だけを言うのではなく、満足のいく性行為が出来ない場合もEDと言えます。

症状としては、勃起するまでに時間が掛かったり、勃起しても十分に硬くならないことや、勃起が維持できなくなったりします。

常にこのような症状が出る場合でなくても、たまに起こるようであればEDとなっている可能性があります。

手術を受けた場合や病気でなければ急にEDになる事はなく、生活習慣やストレスなど様々な原因から起こるものです。

EDの自覚がなく満足のいく性行為が出来なくなると、苛立ってしまったり、自信をなくしてしまいストレスともなります。

ほとんどの場合治療薬で改善が見られますので、症状がないか意識する事も大切です。

ED治療薬の種類

世界で初めて開発されたED治療薬であるバイアグラが誕生してから、様々なED治療薬が開発されています。

後に開発・販売されたレビトラやシアリスは日本でも処方されているほど浸透していますが、世界では次世代のED治療薬と言われるステンドラや、ザイデナなど様々なED治療薬が開発・販売されています。

すべてのED治療薬は共通して、PDE-5を阻害する事で勃起へと繋がるという作用をしますが、それぞれに特徴があります。

ステンドラ

ドラスマの先発薬で、次世代のED治療薬と言われているステンドラは、アメリカのVIVUS社から開発・販売されるED治療薬です。

次世代と言われるほど画期的で、三大ED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスの良い所取りをしたといわれるほど、副作用が少なく、食事の影響も受けにくく、さらにパワーもあるという効果から世界中から注目されています。

特に即効性に優れていて、レビトラよりも早い15分ほどで効果が現れます。

バイアグラ

バイアグラは世界で初めて開発されたED治療薬です。

アメリカのファイザー社によって開発・販売されていますが、元々は狭心症の薬として開発されていました。

実験の中で勃起する作用がみられた為、ED治療薬として開発が進められたことがきっかけで誕生したED治療薬です。

1998年に販売され始め、勃起力に定評がありED治療薬といえばバイアグラと言うほど世界中に浸透していて、今でも多くの方から愛用されているED治療薬です。

レビトラ

バイアグラの次に開発されたレビトラは、バイアグラのデメリットであった食事の影響を受けにくくした、即効性があるED治療薬です。

空腹時に服用するとより効果が発揮されやすく15分から30分程で作用し始めますので、急な場面にも対応できます。

作用時間もレビトラの中で成分量が一番多い20mgだと10時間程持ちますのでデートの間中十分に作用しますし、バイアグラよりも自然な勃起となりますので、服用を隠したい方に人気です。

シアリス

世界に3番目に誕生したED治療薬で、一番の特徴はなんと言っても作用時間の長さです。

バイアグラやレビトラは5時間から10時間と一晩ほどの長さでしたが、シアリスの作用時間はなんと最大36時間という脅威の長さです。

徐々に作用しますのでより自然に使用できますし、1錠服用しておくだけで週末の間持つことからウィークエンドピルとも呼ばれています。

販売されてからバイアグラを抜いてシェア率1位になるほど人気のED治療薬です。

ザイデナ

ステンドラと同時期に韓国の製薬会社である東亜製薬から開発・販売されたED治療薬です。

世界で初めてアジア人向けのED治療薬が誕生し、とても話題となっています。

ザイデナは副作用がほとんど起こらないともいわれていて、食事の影響も受けにくく作用時間も12時間ほど作用します。

もう一つの特徴として前立腺肥大症の治療薬でもあります。前立腺肥大症であれば毎日服用する必要がある為、副作用が少ないのも納得です。

まとめ

1998年にバイアグラが誕生してから様々なED治療薬が開発・販売されてきました。

PDE-5を阻害するという作用に変わりはないものの、レビトラやステンドらの様に即効性に優れた治療薬や、シアリスの様に作用時間に特化した治療薬、欧米向けが基本だった中アジア人向けで副作用がより起こりにくい治療薬と、それぞれに特徴があり、有効成分も全て違う事からより幅広い方に服用されやすくなったといえるでしょう。

日本ではまだバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つのED治療薬のみの処方ですが、世界では5つの先発薬に加えてジェネリック薬も多く販売されていますので、使用した事のあるED治療薬が合わなかった方もきっと体質に合う治療薬が見つかるでしょう。