ドラスマは最新ED治療薬!

ドラスマはステンドラジェネリックです。なんと通販で買う事ができます

ドラスマはステンドラジェネリック

ドラスマはステンドラジェネリック

ドラスマはステンドラのジェネリック薬です。

ステンドラは、これまでのED治療薬の定番とも言える三大ED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスの次に登場した次世代のED治療薬です。

三大ED治療薬は、世界で初めて誕生したED治療薬で知名度が一番高いバイアグラを初めとし、レビトラ、シアリスの順に誕生しました。

これまでのED治療薬には効果の強さや即効性、作用時間の長さなどの特徴があり、それぞれにリピーターが多く存在し定着しています。

そこで新しく誕生した次世代のED治療薬のジェネリック薬であるドラスマは、どのような成分から出来ていて、効果にどのような特徴があるのかはもちろんの事、購入方法まで説明致します。

ドラスマについて

ドラスマは2012年に誕生したステンドラのジェネリック医薬品です。

インドの製薬会社であるスマートメディサイエンス社から開発・販売されています。

有効成分はアバナフィルで、これまでのED治療薬と同じように勃起を抑える働きをするPDE-5という酵素を抑える働きをします。

効果の特徴ですが、勃起力も高く、即効性もあり、食事の影響を受けないという、三大ED治療薬のいい所取りをしたような、夢の様なED治療薬です。

価格は、バイアグラジェネリック、レビトラジェネリック、シアリスジェネリックが1錠当たり437円からに対して、ドラスマはこれらより少しだけ高く、1錠当たり450円ですがほぼ同額です。

高い効果や服用のしやすさを考えると当然と言えます。

ステンドラについて

ステンドラは2012年にアメリカのVIVUS社から開発・販売されました。

有効成分であるアバナフィルは、勃起を抑える働きのPDE-5をおさえる働きをします。

この働きは、三大ED治療薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスと同じですが、第四世代のED治療薬と言われる程注目されています。

即効性がレビトラよりも早く、15分ほどで効果が現れます。勃起力も高いですし、食事の制限もほとんどありません。

ステンドラは100mgと200mgの2種類販売されていて、100mg4錠5,400円程で、200mgですと7,200円です。

三大ED治療薬のいい所取りをしたようなステンドラですので、副作用も少なく効果も高いので納得のお値段と言えるでしょう。

ジェネリックについて

ステンドラが先発薬に対して、ドラスマは後発薬となります。後発薬=ジェネリック薬ということです。

先発薬には多額の開発費が掛かっています。また費用だけでなく長い年月をかけて開発する為、必ず開発した薬には特許があり、他社が同じ有効成分の薬を造る事は出来ません。

しかし、その特許の期限が過ぎた後は、他の会社でも同じ有効成分を使って薬を作ることが出来ます。

有効成分や効果や効能は変わらずに、より服用しやすいように薬の形状や味などを変えて作られることもあります。

また、ジェネリック薬も先発薬と効果や安全面などが同じかを確認する為の多くの試験があり、通過して初めて販売されますので、先発薬と効果や安全面はそのままに、安く販売されています。

先発薬との違い

ジェネリック医薬品を開発するにもルールがあります。

それは、先発薬の有効成分とその量を変えない事、用法・容量も同じにし、効能や効果も変えてはいけません。

なので、成分に関してほとんど変えてはいけない為、ジェネリック薬も先発薬もほとんど同じように作られています。

ただ、お薬の形や味に加えて、添加物は変えることができます。

その為、場合によっては先発薬よりもジェネリック薬のほうが服用しやすいとうケースもあります。

開発費が全然違う

ジェネリック薬の最大の特徴として、お値段が安いという点があげられます。

なぜジェネリック薬は先発薬と同じ有効成分を使用しているのに安いのかというと、先発薬と比べて開発費が掛からないからです。

先発薬は新薬を開発するのに約10年以上の歳月を掛け、また費用も数百億円という多額の費用が掛かります。

その点ジェネリック薬は、有効成分や効果・効能についても分かっていますので、先発薬と同じ効果である事と安全性も保たれているかを確認する為に開発費が掛かりますが、数年の開発期間と費用も1億円ほどです。

先発薬と比べると相当費用が抑えられていますので、それだけ開発費の差があればジェネリック薬が安いのは納得です。

日本では未承認

ドラスマを購入しようとしても、日本ではまだ販売されていません。

日本で販売されている医薬品はジェネリック薬も含めて厚生労働省から許可されたもののみとなっています。

しかし、日本の検査は厳しいため、効果などは分かっていても許可されるまでに数年を要します。

三大ED治療薬も世界で販売が開始されてから5年ほど経って日本で承認されています。

先発薬のステンドラも日本ではまだ未承認となっていますので、ジェネリック薬であるドラスマが承認されるには、もう少しかかるでしょう。

個人輸入代行サイトで買える

日本ではまだ販売されていないドラスマですが、海外から個人輸入する形で購入する事が出来ます。

自分で海外から購入しようとすると言葉の壁があったり、購入するお店を探したり、通貨の問題も出てきますが、このような面倒な事を代行して行う、個人輸入代行サイトがあります。

ネットショッピングの様にお届け先などの情報を登録して、代金を支払えば届くのを待つだけですので手軽に購入できます。

しかし、個人輸入は購入者自身が使用する目的でなければ購入する事が出来ません。

友人の分も一緒に購入する事や、代わりに購入する事はできませんし、転売することも出来ません。

また、購入する量にも制限があり、1ヵ月から2ヵ月分までとなっています。

その点だけ注意すれば簡単に購入する事が出来ます。

まとめ

ドラスマは、これまで販売されていた三大ED治療薬と同じ、勃起を抑える働きをするPDE-5という酵素を抑える働きをするED治療薬です。

PDE-5を抑えるという点では同じですが、効果が現れるまで15分ほどという即効性と、副作用が少なく食事の影響を受けにくいという点から、タイミングを逃しにくく、より服用しやすくなっている為、三大ED治療薬のいい所取りをした次世代のED治療薬として注目を集めています。

日本ではまだ販売されていないものの、海外ではすでに人気の商品で、個人輸入代行サイトから購入する事が出来ますし、お値段も4錠1800円から販売されていて三大ED治療薬とほとんど変わりませんので、試す価値は大いにあります。